閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

国語の授業風景:中学2年『平家物語』〜敦盛の最期〜 感想文から

投稿日2019/12/14

 中学2年生の「国語」では、今学期軍記物語として名高い『平家物語』を学習しました。
 
 授業では「祇園精舎の鐘の声…」に始まる哀調を帯びた冒頭部分に加え、「敦盛の最期」を扱いました。
 時はすでに平清盛が亡くなり、平家一門も四国・九州各地を敗走する日々を余儀なくされるなか、いよいよ「一の谷の合戦」の終盤、平家を追い詰めた源氏方の歴戦の勇士、熊谷直実(くまがえのなおざね)が、海上の舟に逃れようとする人々の中に、清盛の甥にあたる平敦盛(たいらのあつもり)を発見した場面を中心に読み込みました。
 
 以下に紹介するのは、その授業を通じて提出された感想文の中から、ひときわ目をひいた2名の作品です。
 
・中学男子2年2組 皆本 凌佑(画像右)
・中学男子2年3組 竹末 海修(画像左) 
 
 どうぞご覧ください。

20191213075222045のサムネイル

前の記事【中学理科】第63回全国学芸サイエンスコンクール 「学校奨励賞」受賞
次の記事〈全国書道コンクール〉(全書芸展)にて9名が「優秀賞」!