閉じる

【高校地学部】冬の校外合宿にて天体・流星観測〔更新〕

投稿日2020/1/17

 昨年末の12月26日(木)~28日(土)、高校地学部は長野県東御市にて校外合宿を実施、天体・流星観測と、その写真撮影に取り組みました。
 
 初日は、部分日食を観測する予定でしたが、曇天が続き残念ながらかないませんでした。その後も雪や雨に見舞われましたが、それでもきらめく星を十分に眺めることができました。
 オリオン座のベテルギウス、こぐま座やしぶんぎ座流星群など、期間中、生徒らは思い思いに星空を楽しんでいました。
 
 植村君(1年)が撮影した作品には、宿の屋根の上に「冬の大三角とオリオン座」が広がっています。

 よく目を凝らすと、その「冬の大三角・オリオン座」には、今話題となっている「ベテルギウス」の姿も見えます。
  

      (撮影:高校地学部 1年 植村君)
 

 加えて、鍵谷君(1年)の撮影した作品には、オリオン座を挟んでその右手上方に「すばる」の星座群まで認めることができます。 
 

 ともに、とくとご覧あれ!
 

       (撮影:高校地学部 1年 鍵谷君)

前の記事この冬、4クラブが「全国大会」に出場しました!