閉じる

【高校男子 陸上競技部 長距離】「インターハイ」便り

投稿日2019/8/11


 
今夏、唯一のインターハイ出場を成し遂げたM君。
はるか沖縄の地にて、全国の猛者たちとの競り合いを通じて今後に繋がる貴重なレースを体験することができました。
 
 
  南部九州総体2019 陸上競技
  タピック県総ひやごんスタジアム(沖縄県沖縄市)
  8月7日(水)11:30

 
  3000SC 予選2組 10着  記録 9分27秒85 予選敗退
 
 
 ※以下、監督の談話より
 
台風の影響による強風下でのレースとなりました。
序盤から2000mあたりまでは、トップの外国人にぴったり付いていいポジションをキープ。
自己ベストの更新とともに決勝進出への期待が膨らみましたが、ラスト2周というところで先頭集団から脱落していきました。
東京の暑さの中の調整で疲労は抜けて調子自体は良かったのですがスタミナが足りていませんでした。
しかし、前半から攻めた走りは評価でき駅伝につながる走りはできたと思います。
ご声援くださいました皆様、誠にありがとうございました。

次は、「都大路」(年末の「全国高校駅伝競走大会」@京都)を目指して頑張ります。
 
 

前の記事【野球部】春夏通じ悲願の「甲子園」初勝利!
次の記事【吹奏楽部】都コンクールにて「銀賞」受賞