閉じる

枝ぶりの日ごとにかはる芙蓉かな

投稿日2022/8/12

 感染対策の思わぬ恩恵もあって、音楽室の開け放たれた窓から「繊細」な歌声が夏風に乗って流れてきます。 
 その傍らでは、まるで恥じらうかのように刻々と紅に染まりゆく芙蓉の花がまた風に揺れていました。・・・(つづく)
  
『久我山の四季』Blog 「枝ぶりの日ごとにかはる芙蓉かな」

前の記事炎天の地上 花あり 百日紅
次の記事天翔る 〜残暑お見舞い申し上げます〜