閉じる

憂いを忘れる

投稿日2022/7/9

昨日から明けて今朝方の登校の頃、通学路の兵庫橋から上水の流れに目を転じてみると…
 
ちょうど、野鴨の親子がそろって上水の流れをゆっくりと遡りつつ「朝ごはん」の真っ最中に出くわしました。・・・(つづく)

※『久我山の四季 Blog』 「憂いを忘れる」

前の記事「半夏生」にこと寄せて
次の記事高校生ビジネスプラン・グランプリ 出張授業@探究学習