トップページ > 久我山の四季ブログ

いい塩梅

2019年3月2日


 
西二号館に面した庭には、いつしか「紅梅」、「白梅」がそろい踏み。
「優美」さに「気品」を兼ね備えて、早春のあおい空にともに照り映えていました。
 
ところで「梅」にまつわる言葉は数知れず。
その中に「按配」や「按排」と音が混合して使われる「塩梅」があります。
 
その昔、料理の際に「塩」と「梅酢」の酸味を仕上げに加えてその味を調えたことから、今ではとても具合のよいことや、万事首尾よく事が進むことなどを、「いい塩梅」などと表現したりもします。
 
さて、今日から一足早く高校2年生が、来週末にはその他の学年が、今年度最後の定期試験を迎えます。
 
  ※ 学年末試験 時間割(pdf)(高校2年除く)
 
「梅」そのものの花言葉は、「不屈の精神」とも。
どうかみなさん、最後まで気を抜かず諦めず、なにより「いい塩梅」で…。
 

ページトップへ戻る