トップページ > 久我山の四季ブログ

高層湿原にあそぶ@女子中学2年自然体験教室〈第3日〉

2018年9月2日

 

 
 
 ♪ 〜 夏がくれば 思い出す

     はるかな尾瀬 遠いそら 〜 ♪  
 
          『夏の思い出』(女子部クラス合唱会:課題曲)より

 

 
 
例年以上に早い季節の流れを感じさせる広大な「尾瀬ヶ原」。
そのただ中に身をおいて終日、班ごとに散策いたしました。 
 
昨日とはうって変わって雨にたたられることもなく、のんびりと草紅葉すすむ「尾瀬」を満喫することができました。
 

 
標高1400mの高層湿原ゆえの貴重なヒツジグサや高山蝶、さらに池塘にはサンショウウオや岩魚の稚魚などが姿を見せ、私たちをあたたかく迎え入れてくれました。
 
早いもので、最終日の明日は、峠を越えて日光へ。
思い出づくりも最終章に入ります。

ページトップへ戻る