トップページ > 久我山の四季ブログ

湖沼と雲海を眼下に@男子中学2年自然体験教室〈第1日〉

2018年8月28日


        〜赤城山(地蔵岳)山頂にて〜
 
例年、奥日光や尾瀬を舞台に行われている中学2年自然体験教室。
今年も男子部からスタートしました。
 
出発時から秋雨前線の影響を心配していましたが、幸いなことに一切雨具のご厄介にはならず、計画通りに赤城山(地蔵岳)での足ならしを実施することができました。
 
足元を熊笹が覆う樹林のトンネルを抜けると、眼下には大沼・小沼や覚満淵といった湿原が広がり、その傍らにはこれから向かう奥日光の山並みが雲海の上に望まれました。
 
また、広い山頂では、班ごとに陣取って、ご当地名物「鳥弁当」でしっかりと元気を注入し、麒麟草や野アザミ、さらにリンドウなど、早くも秋の訪れを告げる草花に彩られ始めた枯れ沢沿いの小径を慎重に下りました。
 
そして、たどり着いた丸沼湖畔に立つ静かなお宿の環湖荘では、支配人の方から、この大自然の尊さと山歩きのイロハについての貴重な講話も頂戴しました。
 
明日は、いよいよ本格的な山登りにチャレンジ。
関東以北で最高峰でもある日本百名山の「奧白根山」をめざします。
 

ページトップへ戻る