トップページ > 久我山の四季ブログ

「あらなむ」と願う日に

2018年7月7日

 
今日は「七夕」。
 
今年も、校内売店さんのご好意による笹の葉に、たくさんの生徒たちの「願い事」が集められたようです。
 

 
今日から始まった「期末試験」や、高校3年生と思われる「合格祈願」などが目立つなか、
「家族」や「恋愛」にかかわるものまで、その切なる「願い」が所狭しとしきりに風に揺れていました。
 

 

    恋ひ恋ひてあふ夜はこよひ天の川
     霧立ちわたり明けずもあらなむ
 
         詠み人知らず 『古今和歌集』
 

とまれ…
 
昨日来から伝えられている九州から中国地方を中心とした
未曾有の「大雨」による被害のあり様を耳にするにつけ、
そのいずれも、修学旅行などでたいへんお世話になってきた地であることもあって
ただいまは、自然に対する畏れをあらためて痛感するとともに
一刻も早くその被害が最小限におさまりますようにと願うばかりです。

 
 
 

ページトップへ戻る