トップページ > 久我山の四季ブログ

「春告草」に寄せて

2018年2月3日


 
季節を分かつ日の朝方。
新たな季節の到来を目前に控え、校内の「梅」もにわかにその蕾が膨らみ始めました。

「梅」は「春告草」(はるつげぐさ)とも。
そこかしこに雪のむら残るなか、百花に先駆けて「春」の訪れを告げる花。
寒さに屈することなく凛とほころぶその姿は、他には見られないたくましささえ感じさせます。

思うに、季節とは、日めくりのように時を分かつものであるというよりは、ともに重なりあいながら紡ぎ合うものであるともいえそうです。

ともあれ…
今宵のうちに…

  「鬼は外! 福は内!」 

 
ページトップへ戻る