トップページ > 久我山の四季ブログ

Why Japanene …? @ Friendship Meeting in fall

2017年11月8日

 

 
今回の《Friendship Meeting in fall》に足を運んでくれた留学生は各国から8名(女性5名・男性3名)。
その内訳は、リトアニア・カザフスタン・タイ・アルゼンチン・ナイジェリア・マレーシア・スペイン・エジプトと、実にさまざま。
 
それもあって、グループに分かれてからの「self introduction」では、パソコンなどを使っての「お国自慢」がしきりに聞こえてきました。
 
 「マテ茶」や「ワイン」といった飲み物や食べ物。
 「民族衣装」に身を包んだ「大家族」。
 「イーグル祭り」といった伝統行事 等々。
 

 
それらに加えて、リトアニアの女子学生からは、「日本のシンドラー」としても名高い「杉原千畝」についてもふれ、その満開の桜に囲まれた記念公園などが紹介されていました。
 
一方、たいへん興味深かったのは、タイの男子学生の「Why Japanene …?」のあれこれ。
 
 「お米をお箸で口に運ぶのは難しいね。落ちちゃうよ。」
 「そばをはじめヌードルはズルズルと音を立ててすするよね」
 「さらに、音といえばトイレの『音姫』って面白いね」
 
その一つ一つの留学生の素朴な「why」に、本校の生徒たちはどのように英語で応じることができたのでしょうか。
  

ページトップへ戻る