トップページ > 久我山の四季ブログ

「アップ」はあらかじめ各自で! 付:中間試験「時間割」

2017年10月15日

このたび、12球団初の日米野球経験者による監督となった卒業生の井口資仁氏。
その就任会見では、早速新たなチームづくりに向けていくつかの抱負を語りました。
 
「キャンプでは1、2軍の枠を撤廃したい。」
と選手同士の競争意識を高めるとともに…
 
「練習の開始には、あらかじめ各自で『アップ』を済ませておく習慣。」
を求めるとのこと。
 
これはあたりまえのことのようで、実際にはなかなか難しいものです。
こうした「アップ」にあたる心身両面の「準備」を、自分から積極的に行うこと。
この大切さは、なにも野球をはじめとするスポーツだけに限られたことではありません。
 
2学期の中間試験までいよいよ1週間。
この試験に向けても、決して一夜漬けではない、きちんとしたウォーミング「アップ」をして臨みたいものです。
 
  ★ 第2学期 中間試験(10/21〜25) 時間割 
 
 
それにしても、この「アップ」の重要さについては、時間も場所もたいへん厳しい制約の中で過ごした久我山での練習の経験があったればこそなのかもしれません。

 

ページトップへ戻る