トップページ > 久我山の四季ブログ

「山」からの「便り」〜その8〈奥白根山〉〜 @女子部中学2年 自然体験教室

2017年9月2日

 (左)「弥陀ヶ池」から頂上直下の岩壁に取り付く
 (右)「奥白根山」から男体山と中禅寺湖を望む
 
 
「私たちでも、10回登って1回お目にかかれるかどうかの素晴らしい眺望ですよ!」
 
今日一日、適切なお導きをしてくださった地元の山岳ガイドの方をして、こう言わしめるほど、昨夜来の雨に洗われた「奥白根山」は、ひときわみずみずしい樹木やその実はもちろんのこと、紺青色した大空や神秘的な湖沼といったなかなか目にすることのできない貴重な景観を余すところなく私たちにプレゼントしてくれました。
 
なお、そうした景色の中で、とりわけ存在感を見せていた燧ヶ岳と至仏山。
明日は、その二座に守られるようにして広がる「尾瀬ヶ原」を訪ねる予定です。
 


 

・・・その後、全員無事にベースキャンプである「環湖荘」に戻ってみれば、「丸沼」の湖沼はそれまでの山上の賑やかさとは対照的に、疲れた身体をそっといたわるような静けさで出迎えてくれました。
 

 (左右とも) 「丸沼」遊歩自然歩道 にて

ページトップへ戻る