トップページ > 久我山の四季ブログ

「山」からの「便り」〜その1〜 @男子部中学2年〈第1班〉自然体験教室

2017年8月26日


  (左)「地蔵岳(赤城山)」目指して樹林帯の急登を詰めていく
  (右)「大沼」を隔てはるか彼方に尾瀬の燧ケ岳や至仏山の山並みを望む
 
 
奥日光を舞台に行われる中学2年生の自然体験教室。
その先陣をきって、本日から男子部第1班が現地入りしました。
 
季節の変わり目を告げる秋雨前線の影響が懸念された初日でしたが、幸いなことに好天に恵まれ、予定通り赤城山(地蔵岳)での足ならしを実施することができました。
足元を熊笹が覆う樹林のトンネルを抜けると、眼下には大沼・小沼や覚満淵といった湿原が広がり、振り返れば上州の街並みまでが箱庭のように望まれました。
 
広い山頂では、思い思いの場所に陣取って、ご当地名物「鳥弁当」でしっかりと元気を注入し、麒麟草や野アザミなどの秋の草花に彩られ始めた枯れ沢沿いの小径を慎重に下りました。
 
明日は、いよいよ本格的な山登り。
関東以北で最高峰でもある百名山の「奧白根山」をめざします。
 
  
  ※ 管理人はしばしこの自然豊かな山中に籠っておりますので、あしからず・・・w
 

ページトップへ戻る