トップページ > 久我山の四季ブログ

「忘れ草」に… (付:第一学期期末試験時間割)

2017年7月1日

今日から文月、七月。
キャンパス内の欅もしだいに色濃くなり、行き来する生徒らに傘をさしかけるように枝葉を伸ばしはじめています。
 
さて、いよいよ第一学期期末試験まで一週間をきり、昨日には試験時間割が発表されました。
このたびの試験は間に日曜を挟んでの5日間。
最後まで集中力を切らすことなく力を尽くしたいところです。
 

 
ところで、今朝がた通学路の玉川上水沿いに、一瞬「百合」と見間違えそうな橙色の花が目に飛び込んできました。
 
  野萱草(ノカンゾウ)
 
悲しみや憂いを忘れさせてくれることから、「忘れ草」とも。
春先に山地で見かける青紫の「勿忘草(ワスレナグサ)」とは対照的な一日花です。
 
試験勉強の辛苦を忘れようと通い路の道々、時にこの花に心寄せるのも悪くはありませんが、せっかく勉強して頭の中に蓄えたことをすっかり忘れてしまうようなことのありませんように、くれぐれもご注意を!(笑)

ページトップへ戻る