トップページ > 久我山の四季ブログ

夢見るヒロイン @女子部中学3年 〈今、私の思うこと〉 全体発表会

2017年2月21日

午前に行われた男子部中学2年生に引き続き、女子部の中学3年生が〈今、私の思うこと〉全体発表会に臨みました。
 
家庭や身近な事柄から社会的な事象に至るまでその内容は多岐にわたり、時折ユーモアも交えた発表もあって、聴衆もまた「私の思うこと」に対して大いに刺激を受けた貴重なひとときとなりました。
  
 
以下、発表順にその要旨に所感を添えて…。 
 

 
 
◆ R.T(1組) 宇宙兄弟

  
…兄妹っ子は一人っ子を羨み、一人っ子は兄妹を欲する。確かに一人っ子ならなんでも独り占めできるメリットはあるが、兄妹がいることで、色々と教えてもらえることも。「3人兄妹は宇宙なんだよ…3は割り切れないからこそ宇宙なんだよ」母の言葉だ。そう、宇宙は果てしなく全てを包み込む。これから私たち3人の兄妹はそれぞれどんな世界を広げていくことか。
 
(所感)人はとかく無い物ねだりをするもの。ともあれ、きょうだいの関係性を割り切れない深遠さをもった宇宙と捉えたお母様の言葉には感服。この3人兄妹、今後は一つ屋根の下とは一味異なる、新たな関係性を築いていくことになるだろう。 
 
 
 

 
 
◆ S.H(1組) 赤ちゃんポスト

 
…「赤ちゃんポスト」の存在には賛否両論ある。確かに育児放棄を促すのではないかという懸念は拭いきれない。過日、首相も慎重論を唱えた。ポストはかえって赤ちゃんを守りきれないのではないかという声まで聞こえてくる。それでも私は、その設置に賛成だ。なぜなら、赤ちゃんそのものの命を守ることをなにより優先すべきと考えるから。是非とも法的整備を望みたい。
 
(所感)自分からはっきりと意思表示ができない赤ちゃん。その声なき声に耳を傾けようとする人がここにいる。いかなる事情があろうとも、赤ちゃんに限らず、人の命をないがしろにしていい道理はないはず。慈愛に満ちた心に触れたひととき。 
 
 
 

 
 
◆ H.N(3組) 不平等だからこそ

 
…8000人とも言われているホームレスの人たちの実に9割が、暴言や暴力、嫌がらせを受けた経験があるという。実際に、私自身もホームレスの方々を怖いという印象をもっていたことも。しかし、あるホームレスの方の新たな一面を知り、考えが変わった。確かに人は平等ではないかもしれない。がしかしどんな人も社会的に差別されるようなことはあってはならないと思う。
 
(所感)偏見はとかく思い込みから。まずは真実の姿を自らの目で耳で確かめようとする態度が必要であろう。その結果としてその人のあらたな一面に触れ、ひいては自分自身のものの見方も広がりを見せることになるに違いない。
 
 
  


 
◆ N.K(2組) 行動経済学で宿題を語る

 
…例えば、夏休みの宿題を今年こそは早めに終わらせようと意気込んでみるものの、いつもそれは失敗に終わっている現実がある。こんな状態は私だけに限らない。行動経済学からいうと、人は多くが長期的な利益よりも目先の短期的な利益の方を優先しえてしまうようだ。この「現在バイアス」をなんとか克服し計画的な生活を実現することで賢明な人を目指したい。
 
(所感)とはいえ、一方で人はよく「今ここ」を大切にともいう。目の前に広がる美しい景観、香り立つ魅惑的な食材を前に、それに打ち克つことなど到底できないと自認する愚か者代表として、ただただ「現代バイアス」を前にぼやくばかり。
 
 
  

 
 
◆ E.S(3組) 北海道と東京

 
…今年の自然体験教室で訪れた北海道が忘れられない。とりわけファームステイの体験は深く心に刻まれた。視界を遮るもののない大地、軽トラの荷台、獲れたての野菜、鎌をふるったこと…そのどれもが新鮮だった。そして、お世話になった農家の方との別れ。その後、帰京して目にした東京人のイライラとした表情と舌打ちの音。心のゆとりを北海道にて取り戻したい。
 
(所感)自然のただ中に身をおくことで覚える孤独は、不安よりも清々しい解放感を伴って迫り来る。それは、大自然の持つ不思議な包容力なのか。都会生活を通じて、その便利さと引き換えに私たちは大切な何かを失っているのかもしれない。
 
 
 
 
 
◆ H.M(2組) 少女漫画の実際

 
…通学路を走るヒロイン。自転車と接触。見上げるとそこには理想のイケメンが…。こんなシーンは少女漫画に多い。こうしていたいけな少女に夢と希望を与え続けている漫画の世界。一方、現実にはイケメンを彼氏に持った場合、ライバルも出現、嫌味も言われるだろう。ただきっかけはどうあれ、その相手を次第に好きになっていくということだけはともに真実のようである。
 
(所感)「事実は小説より奇なり」とも。現実に起こる出来事は作られた物語の中で起こることよりも不思議で面白いものだということ。ならば、あなたに本当の夢と希望と、時にその反対も、与えてくれるのはリアルな世界の方でありましょう。  
 

ページトップへ戻る