トップページ > 久我山の四季ブログ

彫りの深い「絵画」たち@男子部中学版画展

2017年1月25日

先週の「書初め」に引き続き、現在廊下には「版画」作品が並んでいます。
その題材は時節柄、干支をモチーフにしたものから、動植物や風景、さらには何気ない日常の一コマにいたるまで、実にバリエーションに富んでいます。
とりわけ、芸術科の先生方によって選出された「特選」、「金賞」の受賞作は、見事な「絵画的(版画)作品」に仕上がっていました。
 
流すように描くのではなく、思いを込めて掘り下げる「版画」には、絵画とは異なる独特の味わいがあるものと、あらためて感心するばかりです。
 
    以下、男子部「特選」「金賞」を受賞した全作品をご紹介します。
 
fullsizeoutput_1d2 fullsizeoutput_1d1 fullsizeoutput_1d0 fullsizeoutput_1cf fullsizeoutput_1ce fullsizeoutput_1cd fullsizeoutput_1cc fullsizeoutput_1cb fullsizeoutput_1ca fullsizeoutput_1c9 fullsizeoutput_1c8 fullsizeoutput_1d3 fullsizeoutput_1b5 fullsizeoutput_1c6 fullsizeoutput_1c5 fullsizeoutput_1c4

ページトップへ戻る