トップページ > 久我山の四季ブログ

入試「本番」さながらに…@中学入試もぎ体験

2016年12月18日


fullsizeoutput_a3 
中学入試(2月1日)までいよいよ50日を切り、本番さながらの雰囲気の中で恒例の《中学入試もぎ体験》が行われました。
 
「入試問題」は「教科」指導の「顔」とも。
入学後の学習指導が、どこにポイントを定めてどんな形で進められられるのか、各教科の「入試問題」はその一端を如実に物語っています。
 
fullsizeoutput_a4 fullsizeoutput_a6
 
今日は、その「類題」にチャレンジする絶好の機会。
少しばかり緊張した面持ちの受験生たちが次々に集まってきました。
 
fullsizeoutput_a5
 
一方、受験生以上に、真剣な面持ちで問題にチャレンジなさったりミニ説明会に参加されたりといった保護者の方々も合わせ、1200名を超える多くのみなさんが参加してくださいました。
 
気持ちのいい冬晴れの今日の空のように、
見通しの明るい前途が開かれますように…。
 

 
そのころ、南庭の梅も花開くときを心待ちするように蕾をふくらませていました。
 
  
  ご来校くださいましたみなさま
     誠にありがとうございました。
  ご子女のご健闘を
     こころよりお祈り申し上げます。    教職員 一同

 

ページトップへ戻る