トップページ > 久我山の四季ブログ

木の葉ふりやまず

2016年11月17日

img_1415

  
  
  木の葉ふりやまずいそぐないそぐなよ

                加藤楸邨
 

前庭の欅並木も日ごとに落葉が進んできています。

今は昔、グランドが人工芝ではなく土であったころ、こうして掃き集められた落ち葉を集めては、開設間もない中学生が当時「農作業」の時間に収穫した芋を焼き芋にしてみなで輪になり舌鼓をうったことも懐かしく思い返されます。
 
また、当時、時同じくしてスタートした女子部において、今日まで連綿と続けられてきた行事に「創作ダンス発表会」の存在があります。
昨日、その32回目の発表会が三鷹市公会堂にて開かれました。
発足のころとは隔世の感のある凝った衣装や音楽編集など、積み重ねられてきた歴史の重みを十二分に感じることのできるその様子については、ただいま編集中につき、もうしばらくお待ちください。
 
この楸邨の名句に免じて・・・

ページトップへ戻る