トップページ > 久我山の四季ブログ

「私だけのやり方を貫くこと」 @2/8 女子部高校2年《卒業生との懇談会》

2016年2月9日

IMG_6851 
 
センター試験まであと一年を切った高校2年生を対象に、今春卒業したばかりの「OG一年生」が来校し、これから迎える臨戦態勢の過ごし方についてそれぞれの体験に照らして直にアドバイスする「卒業生との懇談会」が開かれました。
 
志望校から受験校への絞り込み、夜型・朝型のメリットとデメリット、おすすめの問題集と取組み方、塾・予備校の活用の仕方等々、もうすでにその多くは学校の先生方からも耳にタコができるほど聞かされてきたアドバイスであっても、そこはやはり同じこの境遇で過ごした身近な存在である「先輩」からの声は、なにより生きた教訓となりましょう。その証拠に、どのグループにあっても在校生の目は、羨望と憧れに満ちてひときわ輝いて見えました。
 
とりわけ、手垢にまみれた単語帳や問題集、さらにはプリント類など、付箋紙やマーキングがそのまま付されたリアルな足跡を実際に見せてあげたり、今大学で学んでいる講義ノートを示してあげたりと、いやがうえにもモチベーションアップにつながる場がたくさん用意されてとても有意義な時間となりました。
 
IMG_6871 IMG_6866
 
◆「社会・人文科学系」の部屋にて
 *高3のときに、志望校の講義(ゼミ)にこっそりもぐりこんで大学の雰囲気を先取りしたことも…
 *要はメリハリをつけること。そしてそのひとつひとつの間にあたるスキマ時間を有効に…
 
◆「国公立系」の部屋にて
 *塾や予備校に利用されてはダメ!あくまで塾や予備校を利用するようでなければ…
 *塾や予備校のメリットは、学校の先生以外の教え方にふれることができる点かも…
 
◆「理系」の部屋にて
 *英単語の習得はたとえば一日何個とノルマを決めるよりも、常に単語帳を持ち歩いていました…
 *ノート取りもふくめ、自分一人しかやっていない方法をとことん貫くようにしたいですね…
 
◆「文学系」の部屋にて
 *行間を読むように努めること、また古語はその由来に関心を持つとすっと定着しますよ…
 *決して他人を頼らないこと、どんな場面に遭遇しても最後まで自分自身を信じることです…
 
IMG_6865 IMG_6863
 
会場がひときわ笑いにつつまれたこんな場面も…
 
「…卒業するとよりその思いが強くなるのだけれど、みんなOGは『久我山』が大好きなのね。
先日のサッカー部の活躍のときもツイートがうなぎのぼりだったし…
どこかで、そのセーラー服姿を見かけただけで、大騒ぎになるのよ。
 『久我山生がいたよ!!!  
  でも、♪~音楽~♪ 聴いてた!!!』
ってね。」
 
IMG_6859 IMG_6857

ページトップへ戻る