トップページ > 久我山の四季ブログ

Our Thanks Concert Vol.8 中学音楽部@府中の森芸術劇場ウィーンホール

2013年2月21日

 
パイプオルガンを背後にしたがえての素晴らしい音響空間に、丁寧かつ澄明な女声コーラスが響き渡りました。
 
「…先生、卒部生、そして家族の支えがあったからこそ今日のこのステージに立つことができました。…そして、途中で投げ出さず、やり抜くことの大切さを学びました。…今日は、部員一同、感謝の気持ちを精一杯込めて歌います。…」(O部長、M副部長 あいさつより)
 
最上級生がわずかに3名、総勢17名という少なさにもかかわらず、それをまったく感じさせないほど、一人一人の気持ちがこもったステージでした。
そして、最後の第4部では、卒部高校生有志や卒業生が加わって、いっそう重厚な音楽を奏でてくれました。
 
それにしても、あらためて驚きとともに感心させられたのは、歌われる曲のジャンルの幅広さとその数の多さでした。宗教音楽あり、世界の民謡から日本の古謡まで、さらにポピュラーな曲もあえて難度の高い編曲に挑戦するなど、今宵演奏された曲は、長短あわせて実に30曲近くに及びました。
限られた練習時間のなかで、よくぞここまで精錬したものとその頑張りにこころから拍手をおくりたいと思います。
 
本日、足をお運びくださいましたみなさま、また、惜しくもお越しいただけなかったかたがたにも、ありったけの感謝を込めて…
ありがとうございました。
 
 
 
★ 【ダイジェスト動画:各2分間】
 
Ⅰ いのるおもい
 Ave Verum Corpus
 Alleluia 
 
Ⅱ こころ寄せる その1 前半
 七つの子
 さくらさくら 
 
Ⅱ こころ寄せる その1 後半
 「ふるさとの四季」より抜粋メドレー
  ~故郷・われは海の子・紅葉・ゆきやこんこ・故郷~ 
 
Ⅲ こころ寄せる その2
 「水のいのち」より ~雨~
 あなたに会えて… 
 
Ⅳ 出会いのなかで
 海になりたい
 糸
 千の風になって 他

ページトップへ戻る